\Twitter follow me/

【完全攻略版】ラグーナのプールを元社員が1~10まで徹底解説! ココだけの情報盛りだくさん!見逃すな!

   
スポンサーリンク

ラグーナのプールに行こうと思ってるのですが…
何かとわからないことが多いです。
ついて詳しい情報が載ってるサイトはないですか?

・チケットの購入方法

・プールの種類

・無料日陰エリアのついて

・有料日陰エリアについて

・幼児とプールを1日楽しむ方法

どうも、おすけです!
本記事はこのような情報は盛りだくさんの「ラグーナのプールについてのまとめ記事」です。
本記事を読めばラグーナのプールを完全攻略できます。

おすけ
おすけ

本ブログオーナーの「おすけ」はラグーナ(ラグナシア)の元社員で夏はプールエリアを担当していました。
その時の経験をもとに、ラグーナのプールを完全攻略すべくより確実な情報をお届けします。

本記事を読むことで、ラグーナのプールについての全てがわかります。

スポンサーリンク
目次

ラグーナのプールを元社員が徹底ガイド【大人から子供までまる1日遊べます】

ラグーナのプールの全体的な情報を知ることができます。
>>>記事はこちら

おすすめのチケットの購入方法や駐車場、プールの種類、有料と無料の日陰エリアなどについて解説しています。

ラグーナのプールに行ったことがない方や、行ったことはあるけどあまり記憶がない方には特におすすめの内容となっています。

ラグーナのプールを元社員が徹底解説【4つの無料日陰エリアのメリット・デメリット】

ラグーナのプールの無料日陰エリアに特化した記事です。
>>>記事はこちら

無料日陰エリアの種類や場所を紹介。
さらに競争率の高い場所や低い場所、おすすめの日陰エリアも紹介しています。
無料日陰エリアの場所取りで失敗したくない方は是非チェックしてください。

また、絶対に選んではいけない日陰エリアもあります!

ラグーナのプールを元社員が徹底解説【3つの有料日陰エリアのメリット・デメリット】

ラグーナのプールの有料日陰エリアについて特化した記事です。
>>>記事はこちら

有料日陰エリアの席の取り方をはじめ、有料日陰エリアの種類、それぞれのエリアのメリット・デメリットも詳しく解説しています。

数年前までは有料日陰エリアの席の確保は早い者勝ちだったので「好みのエリア(席)」を取るために繁忙期には朝の5時からエントランスに並ぶ方もいました。
しかし現在はインターネットの普及によりこの「早い者勝ち制度」はほぼなくなりました。

有料日陰席は「WEB予約」をすることができます。

【幼児がラグーナのプールを1日楽しむ方法を元社員が徹底ガイド】知らないと損します!

幼児でもラグーナのプールは1日楽しむことができるのか?

そんな疑問に答えた内容の記事です。
>>>記事はこちら

怪我や事故を起こさないための注意点も記載してあるの小さなお子様がいらっしゃる方は是非チェックしてください。
また、プールエリア以外で幼児が楽しむことのできるスポットも紹介しています。

紹介しているスポットは全て「無料」です。
プールはもちろん、プールの後もしっかり楽しみたい方におすすめの記事です。

【子供の命を守って下さい】プールでの足入れ浮き輪が危ない理由のすべて

この記事はラグーナのプールについての記事ではありません。
しかし、(ラグーナのプールに限らず)子供とプールに行く際には絶対に読んでもらいたい記事です。
>>>記事はこちら

毎年水の事故が起きています。

水の事故をなくすためのひとつの策として、この記事の内容を頭の片隅でもいいので記憶していただきたいです。
プールで安全に水遊びをするためにも是非お読みください。

ま と め

ラグーナのプールの客層はファミリー層がおよそ8割りです。
激しく遊ぶヤンチャな若者を気にすることなく比較的安全にプールで遊ぶことができます。

さらにプール後には、ジェットコースターなどのアトラクションで楽しむこともでき、大人から子供まで朝から晩までガッツリ楽しむことができます。

家族で大きなプールに行くなら、ラグーナのプールを選べば間違いありません。元社員の僕が自信をもっておすすめします!

本記事を参考にしていただき、ラグーナのプールを楽しんでもらえると嬉しいです。

本ブログを最後まで読んで頂きありがとうございました。
また次のブログでお会いしましょう。
以上、おすけでした!

おすけ
おすけ

関連記事一覧

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる